ニュース
モンゴル 剣道我が伝導の追想
自家出版書籍(2016年6月発行)
非売品
梅村敏彦 文と写真

雑誌『剣道日本』(2016年12月号)の
「剣日調査局リポートNo.229」(p56)
に出版に至る経緯が掲載されています。
著者は、今年6月に逝去されています。


 

大久保和政・田中宏明著 
「サムライの金字塔」を剣道
のページに掲載しました。
 
新刊情報
 
「剣道」現代語訳 発刊
剣道界の不朽の名著 現代語訳 高野佐三郎著 『剣道』現代語訳 A4版並製 定価3,200円
横断検索
 

会社概要

会社概要


■商号     株式会社 島津書房

■代表取締役  村瀬 博一

■所在地    〒350-0464 埼玉県入間郡毛呂山町南台3-14-17

■電話/FAX   TEL:049-276-6700 FAX:049-276-6701


■E-mail       info@shimazu-shobo.jp

■創立        1969年株式会社仮面社として誕生。
           文芸書を主体に出版。
           1982年株式会社島津書房に商号変更。総合出版を
           目指す。島津の由来は現社長の旧姓による。

■資本金    1,000万円

■高田の馬場時代


◆路地裏の出版社


 

仮面社時代の1977年正岡容集覧(限定本)を書評用に求めに来られた毎日新聞社の記者

後日誌上で『たずねた出版社が高田馬場の路地裏のアパートの一室にあり、出版文化とはこういった所から生まれるものだ』と妙な感心をされたことがある。その頃は何も居たくて居た訳でもないが、それから34年未だここに会社は続いている。いやはや先義後利で飯を喰うのは容易ではない。

 


■埼玉の地方出版社として


といった路地裏の出版社から代表の小生が病い発症を受け、40年近く商いをしていた場所から撤退、埼玉の居住地に会社を移す。

知人の商家の空き家を倉庫兼仕事場で借用。家から5分の場所で、県道沿いの駐車場完備、馬場時代の5倍の広さ。

山、川、人情の豊かな地で酒を飲みながらゆっくり治療と企画に専念。後進の地方出版社として今後の発展を期している。